バンクーバー Vancouver

皆さんから寄せられたBC州でのハイキング・アウトドア体験の写真とエピソードをご紹介しています。この情報を参考にカナダ ブリティッシュ・コロンビア州の大自然を体験しに来てください!!

インディアンサマー

1日目は、ウィスラービレッジからゴンドラとリフトを乗り継いでハイノートハイキング。
2日目は、ジョフリー湖ハイキング。氷河を眺めながら食べた昼食のおにぎりは、最高に美味しかった!
滞在中ずっと晴天だったので、最高の景色が見れました。
(40代女性 M・Yさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2012年9月17日~2012年9月22日

ウィスラーでのハイキングを100%楽しみました!!

9ヶ月前から計画をして遂に実現した、私達夫婦の古稀のお祝いと結婚46周年記念を兼ねたウィスラー・バンクーバーへの旅。計画段階で『Go Go Vancouver』サイトに出会い、ウィスラーではハイキングを徹底的に楽しみ、「初級編」「中級編」の全てを完全制覇する事を目標に決めました。
いよいよウィスラー到着。想像以上の寒さでしたが最初にオーバーロード&デッカー・ループ・トレイルに挑戦。一面に咲き乱れる高山植物、可愛らしい姿のマーモットやライチョウへの出会い、楽しいハイキングでしたが帰路急にヒョウが降ってきたのにはびっくりしました。
次の日はガイドさんに引率されて、ハイノート・トレイルです。当日は久しぶりの快晴で、澄み渡った青空、正にハイキング日和。少し怖かったピークチェアでウィスラー山頂へ。ブラックタスクの雄姿、可憐に咲き誇る高山植物、見下ろすエメラルドグリーンのチャカムス・レイク・・最後は長く急な登りでクタクタでしたが7時間でラウンドハウスに戻ってきました。
中1日おいて次はチャカムス・レイク。駐車場への林道が砂利道で意外と怖かったですが、樹齢何百年の大木の森の中ヒンヤリした空気を思い切り感じて湖畔に到着。二日前に見下ろしたチャカムス・レイクが静かにひかり輝いて私達を待っていたのには感動です。
次の日はいよいよジョフリー・レイクスに挑戦。さすがに多少疲れがありましたが針葉樹に囲まれたローワー・ジョフリー・レイクの美しさには癒されました。ミドル・ジョフリー・レイクへは大きな岩がごろごろしているガレ場があり悪戦苦闘。ブルーの湖面と氷河、人懐こいウイスキージャックが印象的でした。アッパー・ジョフリー・レイクにも行き戻ってきました。
五日目は爆睡して目が覚めたのは8時30分。足腰がガタガタでしたがガリバルディ・レイクに向かいました。ここはゆるやかな上り坂がいつまでも続き3時間半かけて湖畔に到着。快晴の青空、グレイシャーブルーの湖面そして氷河はまるで絵画の様でした。
今回のハイキングは文字通り老骨に鞭を打ってのハイキングでしたがこの達成感は言葉では言い表せません。これも偏に『Go Go Vancouver』サイトのお蔭と感謝しております。
(60代男性 Y・Iさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2012年8月29日~2012年9月22日

360°のパノラマを堪能!

秋のウィスラーは、2010年冬季オリンピックで記憶していた銀世界とはがらりと表情が変わります。
だからウィスラー山の空中散歩はMUST DO!ビレッジの広場と山頂を繋ぐゴンドラから、紅葉し始めた木々や山頂に氷河の残る遠くの山々、猛スピードでダウンヒルコースを駆け下りるカッコいいバイカーを観察。運がよければ野生の熊も見ることができるとのこと(目を凝らして探したが今回は見つからず)。片道15分は本当にあっという間!
山頂にはブラッコム・マウンテンの頂上とを繋ぐ「世界最長のゴンドラ」Peak 2 Peakがあり、ここからさらにゴンドラを乗換えるのもよし。様々なハイキングコースも整備されています。
下りのゴンドラからはビレッジの可愛い街並みや美しい色をした湖を一望。次はどんなアクティビティに挑戦しようかさらなる意欲をかきたてられました。
(20代女性 N・Nさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2012年9月16日~2012年9月17日

山の景色に溶けこむひととき

夏の到来が遅れたといわれる2012年秋のウィスラーは驚くほど暖かく、日差しはまるで夏日。こんな日は水辺の遊びが気持ちいい!
ということで、ウィスラー最大の湖、グリーンレイクでカヌーにチャレンジ。湖まではビレッジからマウンテンバイクで往復約14キロ。森を抜けて視界が開けたと思ったら、突如と聞こえてきたのはエンジン音。なんとここは水上飛行機の発着所。バンクーバーとダウンタウンを30分で結ぶとか。
かなりの頻度で発着していました。
少し進んだところに、カヌー乗り場があり、簡単なレクチャーを受けてから、ライフジャケットを装着していざ湖上へ!穏やかな水面に山々が映り込む景色は息をのむ美しさ。まるで大きな鏡の上にいるかのよう。湖の真ん中では、パドリングの手を止めて景色に一体化する感覚も味わいました。時おり発着する水上飛行機が迫ってくるのもなかなかスリリングで楽しい!始めはぎこちないパドリングも次第に息ぴったり。水の上はわずか1時間でしたが、贅沢な時間を過ごせました。
(20代女性 N・Nさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2012年9月16日~2012年9月17日

五感を刺激するウィスラー

運良く、ウィスラー入りしたこの日は夏のウィスラーの風物詩、ファーマーズマーケットが開催される日曜日。採れたて野菜に果物、手作りジャムに蜂蜜、焼きたてのペストリー、地元アーティストの作品などが並び、大変な賑わい。
私たちは甘酸っぱいラズベリージャムの詰まったパイを運動前の腹ごしらえにぺろり。ビレッジ内のショップでマウンテンバイクをレンタル。ウィスラーはマウンテンバイクのメッカとも言われ、有名なゲレンデは夏場は大会にも使われる優秀なダウンヒルコースになります。とはいっても、私たちがトライしたのは激しい方ではなく、森の中のヴァレートレイルを走り抜けるサイクリングの方。夏のウィスラーのアクティビティーの中ではサイクリングが一番人気だとか。
小川を越え、森を抜け、針葉樹の森に囲まれたロストレイクと、その先のウィスラー最大の湖、グリーンレイクを目指しました。舗装された道や泥道、砂利道とコースが変化に富んでいて面白い!森林のフレッシュな香りや柔らかい土の感触、タイヤが落ち葉を踏む音も心地よく、癒し効果は抜群。澄んだ空気を思いきり深呼吸して日々の疲れをリセットできました。
(20代女性 N・Nさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2012年9月16日~2012年9月17日

BC州で出会った心に残る動物たち

カナダに通い始めて10年。カナディアン・ロッキーでたくさんのトレッキングコースを歩いてきました。BCにも素敵なコースが多くあり,今でも心に残っています。その中でも,景色もさることながら,コース途中で出会った素敵な動物たちも心を和ませてくれるものでした。 2010年の夏に,エメラルド・レイクを眺めながら周回する「ヨーホー・パス&バージェス・パスサーキット」を歩いたときのこと。急斜面をトラバースする狭い道で若い鹿とばったり。お互い譲り合うスペースもなく,見つめ合う時間だけが過ぎました。結局,鹿の方が急斜面を歩いてよけてくれました。2012年の夏,スタンリー・グレイシャー・トレイルでのこと。氷河下のカールではライチョウの親子がのんびりとえさをついばんでいました。ヒナをじっと見守る母鳥の凜とした姿が印象的でした。そして,帰り道。10年来会いたかった憧れの動物と出会いました。ムースです。孤高の存在。圧倒されました。
(40代男性 T・Uさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
カナディアン・ロッキー2012年8月1日~2012年8月15日

「すごいよBC州!」を、マウント・ロブソンで体感

バンクーバーから800kmほど離れた、マウント・ロブソン州立公園へ。
マウント・ロブソンは、美しい都会バンクーバーと同じブリティッシュ・コロンビア(BC)州にある、標高3954mの山です。
山頂が雲に隠れることも多いそうですが、インフォメーションセンター前から、雲一つない空にそびえる姿を見ることができました。
1時間くらいのハイキングで、キニー・レイクという湖を見に行けます。
緑に包まれたハイキングコースでは、キノコが生えていたり、川の流れに沿ったりしながら、気持ちよく歩けます。
キニー・レイクは、氷河湖で、岩の微細な粒子が水に混ざっているため、不思議な色をたたえています。同じ湖でも、見る場所により、こんなに色が違います。
時間を忘れて景色の中にひたり、BC州の懐の深さを感じるハイキングでした。
(30代女性 M・Tさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバーからロッキーエリア2012年9月14日、15日

自然が溢れるTZOONIE

カナダ人に連れられて行った大自然の中にある『TZOONIE』。
ここでは取った牡蠣を料理しておなかいっぱい食べました。捕まえた小さいカニを餌になんちゃって釣りも体験したり、散歩中に熊の足跡を発見したり・・・かなりワイルドな体験でした。
(30代女性 Y・Sさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
シーシェルト2005年9月10日~9月11日

初・ローラーブレード

一緒に行った友達全員が人生ではじめてのローラーブレードでした。初夏でまだ涼しいはずなのに、みんなたくさん汗をかき、少し流血もしながら頑張りました。
(30代女性 Y・Mさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
スタンレーパーク2005年5月28日

トフィーノの森でリフレッシュ!

友人たちとトフィーノの海へ行った。あいにく天気も悪くとても寒かった。海で遊んでいる人は誰も居なかった…。帰りに大きな森でトレッキングを楽しんで帰った。おもっきり自然を満喫!
(30代男性 Y・Sさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー島2005年7月9日~2005年7月10日

バンクーバー自転車旅行!

2009年5月。
一週間、バンクーバー自転車旅行へ行ってきました。
まず、日本から持ってきた自転車を空港で組み立て、いざバンクーバーアイランドへ!ツワッセン港よりフェリーに乗り、ナナイモへ向かいました。途中から土砂降りの雨!雨具を着てのサイクリング・・・。キャンプ場に到着したのは、夜の8時すぎ(汗)疲労と時差ぼけの中、夜を過ごした。
翌日は、快晴!次の目的地は『シュメイナス』。壁画を堪能した後は、インフォメーションセンターのおば様の薦めで『ソルト・スプリング・アイランド』へ行くことに。ほぼ素通りで駆け抜けたソルト・スプリング・アイランド。
次の観光地は州都である『ビクトリア』。気候も良いだけあって、観光客も沢山!ツタンカーメン展を観て、カナダの英雄『テリーフォックス』の像があるマイルゼロへ。
いよいよ次は、大好きな『バンクーバー』。知り合いの人に、部屋を借り思う存分バンクーバーを観光しました! そんな、あっという間の一週間、自転車旅行でした!
(30代男性 Y・Dさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバーアイランド、バンクーバー2009年5月14日~5月21日

バンクーバー・アイランドは自然の宝石箱!!

BC州の中でも大好きなバンクーバー・アイランド。力強くて優雅な大自然を見せつけてくれる、とても美しい島です。
今回訪れたトフィーノでは、小さな島で深い森をハイキングしました。原生林が生い茂り、どこまでいっても静かな緑・緑・緑・・・。包み込むような優しささえ感じられます。
参加したボートツアーでは、ブラックベアや珍しい白頭鷲などの野生動物にも遭遇して、とても感動しました!!
(40代女性 H・Tさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
トフィーノ2010年7月

ウイスラーで大自然を満喫

家族でウイスラーに行ってきました。
途中の車窓から見えるダイナミックな風景に家族は大盛り上がり。
ウイスラーの町からゴンドラとリフトに乗ってウイスラー山頂まで行けます。ここからの360°の眺めはなんと素晴らしいのでしょう! ブラッコム山に渡るピーク2ピークゴンドラもぜひ乗って下さい。最高400mの高所を通るゴンドラはスリル満点です。
ラフティングも挑戦しました。真夏でも水温4℃の激流をボードで下ります。日本とは違ったスケールが大きい風景を見ながら川下りはなんと気持ちいいでしょう。ラフティング途中でのランチタイムも楽しかったです。サーモンBBQおいしかったなぁ~。
(40代男性 T・Wさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウイスラー2012年8月9日から2012年8月17日

☆水の透明度に驚き☆

バンクーバーアイランドの北に位置するキャンベルリバーからフェリーを使って行く、クアドラアイランドへ2週間行ってきました☆ 環境をすごく大切にしてて、すごく水のきれいな島だと聞いていたので、ハイキング、泳ぐのを楽しみに行ってきました!バンクーバーに住んでいたので、水はあまり期待しないでおこうと思っていたのですが、全然バンクーバーとは比較にならないほど、キレイでした!太ももまでつかってもハッキリと自分の足がみえるほど、クリアーです。環境に対する姿勢も各自がしっかりされてて、見習う点がすごく多かったです。
(20代女性 M・Oさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
クアドラアイランド2012年7月2日から2012年7月14日

サイクリング

スタンレーパークを自転車で1周しました。高層ビルも対岸の緑も前日に車から見た景色よりきれいだと思いました。スタンレーパークからグランビルアイランドへ行く時に自転車ごと渡し船に乗ったのが面白かったです。
(10代女性 Yさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー、カナディアンロッキー2012年8月8日から2012年8月15日

登山結婚式の花嫁に会う

バンクーバー、グラウス山に向かい頂上近くからハイキングを楽しんだ。息をきらしながら花束を手にしたグループに会う。ハイキングの途中で結婚式を挙げたという。山で花嫁にあい、クマに会い、晴れやかな思いでバンクーバーの町を見下ろした。
(70代男性 K・Fさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー2012年8月8日から2012年8月14日

新たなBCとの出会い

今回は車でBCを移動しながらハイキングを楽しみました。これまで訪れた事のないマウント・レベルストーク国立公園やJOFFRE湖など、新しい感動を味わえました。
(30代女性 M・Hさんの体験談より)

> マウント・レベルストーク国立公園

> ジョフリー・レイクス

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー、ウィスラー、他2012年8月20日~27日

ウィスラーの大自然に感動

ウィスラーにはじめて訪れてから3年。念願の夢をかなえ再度訪れる事ができました。今回の楽しみの一つはハイキングをすること。暑い日本をすっかり忘れ、さわやかで心地よいウィスラーのトレイル散策を存分楽しみました。初日早朝に歩いたロストレイクまでの道。思ったより簡単で、たどり着いた先にはきれいな湖とその先には大きな山。「ウィスラーにいるんだ」と実感する瞬間でした。日本では味わえない美しくて大きな自然。何度訪れても飽きない場所だと思いました。次回はサイクリングを楽しみたいです。
(60代女性 H・Hさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー、バンクーバー2012年8月20日~27日

マウント・ロブソンをKINNEY湖までハイキング

11月初めで雪も少なかったのでKINNEY湖まで早朝ハイキングしました。はじめは曇っていましたが、途中から晴れ間が出てきて何とか無事KINNEY湖までたどり着けました。途中誰にも会うこともなく、静寂の中我々二人だけで景色を満喫することができました。
(40代男性 M・Oさんの体験談より)

> キニー・レイク

旅行した場所旅行した月日
マウント・ロブソン州立公園2009年11月

Ucluelet & Tofino in 2012

8年ぶりのVancouver IslandのUcluelet & Tofino。
今回で4回目ですが、本当にここが好きです。初めての人にはレア過ぎる場所ですが、何度も尋ねている私には、「久しぶりに帰る場所」という感じ。何もしない事の贅沢さを改めて思い知る、日常をリセットできる最高の場所です!
(40代女性 Y・Mさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ユクルーレット、トフィーノ2012年6月25日~2012年7月2日

カナダの山ガールは So Cute !!

ウィスラーでは、日本人ガイドさんつきのツアーに参加して、ジョフリー・レイクスのトレッキングに挑戦してきました。別の日にウィスラー山でもトレッキングをして、ウィスラー山はツーリストばかりで、全然地元の人には会わなかったのですが、ジョフリー・レイクスでは、たくさんのバンクーバーやウィスラーから来た山ガールに会いました。
みんな、思い思いのファッションを楽しんでいて個性的!
「どこから来たの?」
「えー、トウキョウ? トウキョウの女の子の方がおしゃれじゃない」
「うっそー、バンクーバーの女の子の方がかわいいって」と、山の中でも女子トークが弾みました。
カナダ女子的には、スパッツが人気なんですって。スパッツに山スカを組み合わせた女の子もいました。
氷河と湖が幻想的な風景をつくりだすジョフリー・レイクス、おすすめです!
(30代の女性 S・Kさんの体験談より)

> ジョフリー・レイクス

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2011年9月5日~2011年9月10日
ツアー会社
JALパック

吊り橋で足がすくみ、リスに出会い、そしてグラウス・グラインドで汗だくに!

吊り橋の長さにびっくりしましたが、その揺れにも驚きました。橋の幅があるので、いくら手すりがあっても、身長の高い人は放り出されるような感覚に足がすくんだみたいです。身震いの後、ベンチで休憩をしていたら、どこからかリスが現れ、忙しなく動き回っている中を、なんとか写真におさめました。
その後はGrouse mountainへ行き、Grouse Grindを1時間半かけて登りました。その間、地元バンクーバーの人々、若い男性やら女性やら、お年寄りやらが息をゼーゼーさせて登っていきました。私たちも登っている間は汗だくで、頂上に着いた途端、寒さで汗が冷えたので、すぐにゴンドラに乗り下りました。また機会があったら登りたいです!
(40代の女性 Y・Sさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー2011年10月18日~10月22日

ハーフ・ノート・トレイルに挑戦!

日本で富士山に登って山ガール・デビューを果たしたので、ウィスラーではハーフ・ノート・トレイルに挑戦してみました。ハーフ・ノート・トレイルへは、ウィスラー・ビレッジ・ゴンドラから、スリル満点のピークチェア・リフトに乗り継いで行きます。ウィスラー山のふもとからぐんぐん登っていくにつれて広がる、息を呑むようなきれいな眺めにうっとり。ゴンドラを降りたところにはすてきなロッジがあり、ブラッコム山を眺めながらのランチは最高です!
リフトを降りたウィスラー山の頂上は、アイコンのイヌクシュク石像がくっきり見える、とっておきの撮影スポット。たくさんの観光客が、いろんなポーズで記念写真を撮っています。このコースは山頂からのスタートなので、前半は下って後半は登る変則的なコース。GO GO バンクーバーのウェブサイトには「下りのゴンドラに乗り遅れないように、ゴンドラの営業時間を事前にサイトなどで確認してから出発しよう」とちゃんと書いてあったのに、撮影に忙しく(?)最後は登り坂をダッシュするはめになりました・・・。
(30代の女性 S・Kさんの体験談より)

> ハーフ・ノート・トレイル

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2011年9月5日~2011年9月10日
ツアー会社
JALパック

サイクリング

ウィスラーの大自然を気軽に満喫する手段として、サイクリングがお勧めです。ウィスラービレッジから、近辺の湖に沿って伸びる自転車専用道「バレー・トレイル」は、よく整備されていて走りやすい初心者向けのコース。点在する湖を横目に、森林を走り抜けるのは気分爽快です。疲れたら湖畔で一休み。青い湖と豊かな緑が織りなす風景や、思い思いの休日を楽しむ地元の人々を眺めていると、飽きることはありません。
「バレー・トレイル」は一周35㎞ですが、自分のスケジュールや体力に合わせてルートを短縮できるのもいいところ。なお、レンタサイクルショップはビレッジ内に数店あり、1時間単位からレンタル可能です。ファミリーリゾート・ウィスラーらしく自転車のサイズも豊富なので、小柄な女性でも安心です。
(30代の女性 Y・Mさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2011年9月3日~2011年9月10日

チョットの間の晴れ間にて・・・

先日、9月19日から1泊2日で旦那さんとウィスラーに旅行に行きました。
それまで、曇りや雨ばかりの天気だったのが、19日、20日は快晴!
チャカマス湖めぐりや、ウィスラー山とPeak 2 Peak、ハーモニーレイクと、堪能させていただきました!
あいにく、野生の熊さんを見かける事はありませんでしたが、ライチョウに会うことができました!
(30代女性M・Aさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2011年9月17日~2011年9月23日

カナダの自然の美しさ

夏の一番良い季節に時間をかけて、友人たちとゆっくり車で回ったので、ツアーでは普通なかなか見られないところに行くことが出来ました。とにかく、湖の青さがすばらしいです。日の光が水面に当たってキラキラと輝く様子はいつまで見ていてもあきません。すばらしい好天に恵まれたことを神に感謝です。高速道路を走る距離も、カナダは国土が大きいだけあって、日本とはスケールが違うなと思いました。カナダ人は長時間運転し続けるのを楽しんでいるように見えました。植物も日本の関東地方に咲いている木や花とは違い、冬が長いからかたくましい感じがしました。
(30代女性M・Aさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ファーニーほか2008年8月25日~9月2日

バンクーバーから20分のハッピーアイランドでハイキング!

バンクーバーへ旅行に来た際に、いわゆる観光地でないところに行ってみたい!ということで現地の方に穴場を紹介してもらいました。その名も「ボーエンアイランド!」。ノースバンクーバーからフェリーでたった20分、喧騒とは無縁の、のどかで幸せオーラが漂う島に着きました。島には湖に向かって素敵なトレイルが延びていて、森に包まれて進むと木漏れ日がキラキラ・・・ 妖精に出くわすんじゃないかと思うくらい、ほんわり穏やかで不思議な空気が漂って・・と思ったら妖精が!!!金髪の姉妹でした。この島の子なんでしょう、本当に妖精が飛び出て来たと思って一瞬どっきりしました。
トレイルは、高低差はほとんどなくて歩きやすく、ピクニック気分で色々選べそうでした。
トレイルを抜けると、アーティサン・スクエア、という地元のアーティストが軒を並べるエリアへ。カラフルな家の中で作られるチョコレートに見いって、思わずお土産を購入。その場では濃厚なチョコレートアイスをのんびり食べながら、島の時間の穏やかで独特の流れ方を肌で感じる、幸せのひとときでした。
(20代女性N・Sさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー&ボーエンアイランド2010年6月25日~30日

ウィスラーでPeak 2 Peakに乗ってハイキング!

Peak 2 Peakゴンドラが世界記録を持つゴンドラだ、というので是非乗ってみたい!
と意気込んでウィスラーへ行きました。
ウィスラーゴンドラをあがると、そこに待っていたP2Pはうわさ通り、山と山の間で宙ぶらりん!でも、とても安定していて眺めは最高に素晴らしく、谷間に流れる川が小さく眼下にうつり、まるで衛星写真?!と思えるほどでした。中には1基だけ銀色のものがあって、これの中は、なんとガラス張りに。ウィスラーの広大な自然を、何にも邪魔されることなく見下ろすのは何とも不思議な感じでした。
向こう側の山に渡ったら早速ハイキング!
ブラッコム山にも整備されたトレイルがあって、散策程度でも十分楽しめました。途中には、マーモット君が、のんびり日向ぼっこ・・・のどかだなぁ!
私達が行った9月は、お花があまり咲いていませんでしたが、7月後半から8月辺りだと、カラフルな風景が楽しめるみたいでした。
(30代女性N・Mさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ウィスラー2010年9月2日~8日

3日間のウィスラー滞在を満喫!

ウィスラーの初日は、予定していたハーフノートが残雪により入れないとのことで急遽ジョフリーレイクスコースに変更になったのですが、それでも大変思い出深い登山になりました。
沢山の木々にぶらさがるWitch's hairの光景はまるでアバターのように幻想的。その中を進んでいきます。ロウアーレイクの後ようやくミドルレイクに着いたのですが、眼前のエメラルドグリーンに輝く湖に疲れも忘れて見入ってしまいました。するとどこからともなく地鳴りのような音が。目をこらして氷河を見ると、なんと氷河が音を立ててゴロゴロと落ちていくではありませんか!肉眼で見られるくらいなので、かなりの大きさの氷河が崩れ落ちたと思います。テレビでしか見たことのない光景に、驚きとともに感動しました。
アッパーレイクに着くと、今度はマーモットがお出迎え。ジョフリーレイクスではあまり見ることは無いとのことで、これまたラッキーと夢中でシャッターを切りました。彼(彼女?)は少しキョロキョロしながらも、のんびりと石の上で日なたぼっこに勤しんでいるようで、愛らしい表情に癒されました。 アッパーレイクはミドルとは違った色合いで、目の前に広がる氷河とともに、その輝く圧倒的な美しさには言葉がありませんでした。
翌日は午前中にpeak2peakゴンドラに乗りました。今年のバンクーバーとウィスラーは冷夏とのことで長袖シャツが欠かせなかったのですが、山頂はフリース無しでは寒いくらいでした。それでもスケールの大きいpeak2peakゴンドラを目の当たりにするとテンションはあがります。私たちは真下が見えるグラスボードのゴンドラに乗り込みました。ガイドの方が説明をしてくれるのですが、途中で「下にブラックベアがいるよ!」と言われて覗きました、黒い豆粒にしか見えず、改めて高さを実感しました。景色はもちろん絶景で素晴らしく、12分の空中散歩を楽しみました。
午後はマウンテンバイクでウィスラーの湖畔を巡りました。舗装していない下り坂は本当に怖かったのですが、何とか乗り切りました。迷って看板を眺めていると、犬の散歩途中のご夫人が声をかけてくださり、人の優しさにもふれることができました。
3日目はビレッジで開催されていたCrankworxのイベントを見たり買い物をしたり、とにかくウィスラーはビレッジがとても充実しているので滞在中もまったく飽きませんでした。あっという間の3日間でしたがまだまだ魅力はつきませんので、ぜひもう一度訪れたいです。
(40代女性E・Tさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
バンクーバー、ウィスラー2011年7月17日〜7月22日

大自然の広大な公園を満喫!!

バンクーバーに留学していたとき、近場のスンタンレー公園で、お弁当を持ってよくプチハイキングをしました。緑のいい香りを満喫しながら歩いていると、リスやカモやクジャクがお出迎え!絵本の中に出てきそうな大きな木や、眺めの良い砂浜に出れるところも。
一日ではとても回りきれないほど広大で、レンタサイクルで回ったことも何度かあります。 都会の中にある大自然で、公園のすぐ側のお店でベーグルサンドやスープをTo Goしたり、自然を満喫しによく行った思い出の公園です。
(30代女性K・Wさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
スタンレー公園2000年11月~2011年11月

根っこが伸びた!

ヴィクトリアのゴールドストリームに鮭の産卵を観に行きました。トレッキングの際に変わった木を発見!
(30代女性M・Nさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ヴィクトリア2010年10月15日からの約10日間

どこもかしこも自然の宝庫

2009年夏、ビクトリアからレンタカーでバンクーバー島を北上。キャンベルリバーと、さらにそこから小さなフェリーで、クアドラ島へ行きました。目的はサーモンフィッショングとカヤック。大自然に囲まれた中で、フレンドリーなカナダ人とのふれあいや、ドルフィン、シーライオン、キラーホエール、シール、白頭鷲が、目の前に現れるなど、毎日が感動でした。
(50代男性A・Oさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ビクトリア、キャンベルリバー、クアドラ2009年9月17日~25日

19世紀の英国情調が残る町並みに感激!

ビクトリアはバンクーバー島にあるB.C州の首都で大都会バンクーバーとは趣が異なり英国統治時代の情緒が残る町で、予想した以上にすばらしい町でした。ハイキング・アウトドアをメインに体験されたものに限るとあったけど、フェリーや車の移動が大きく占めるこの旅行記はふさわしくないかもしれませんが、宿泊したフェアモント・エンプレスホテルや訪れたブッチャート・ガーデンでのアフタヌーン・ティー、19世紀の面影が色濃く残るバスチョン・タウン、チャイナ・タウン、クレーグダーロック城(お城と言っても個人の大きな御屋敷)や連邦議会議事堂と議事堂の周辺の博物館、蝋人形館、インナーハーバーを散策、私たちが訪れたときに改修していた市役所など観光に訪れてはいかがですか?少し市街地から離れると自然豊かなところで森や湖や、海が綺麗です。市街地から近いところではビーコン・ヒル公園郊外では先にも書いたブッチャート・ガーデンはブッチャート夫人が中心なって作られた広大な庭園で、一年を通して花が咲き乱れるようです。庭園内には日本庭園もありました。ブッチャート・ガーデンではこの旅で、唯一お会いした東京在住のご年配のご婦人は、語学も堪能で、お一人で公共の交通機関を利用してアクティブに旅行されていて、色々、体験談をお聞きできてよかったです。元気にされてるかなぁ?  ゴールドストリーム州立公園もビクトリア対岸のアメリカ合衆国ワシントン州のオリンピック半島と同じく温帯雨林でハイキング・トレルもあって大自然を満喫しました。(50代女性E・Mさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ビクトリア2010年10月1日~6日

贅沢な時間

林の中を抜けてレイクが1つ、2つ、3つ。だんだんと氷河が近づいてきます。近くで見る氷河の美しさと自然の神秘にうっとり。噂どおり♪ 最後のレイクでは目の前に見えるコバルトブルーの湖に氷河、リスに鳥にマーモットまで登場してくれました!!目の前に広がる景色を一人占めしながらランチを食べるという贅沢な時間は、歩きの疲れを吹っ飛ばしてくれました。いつまでもここに留まっていたい!!もう一度来たいなぁ~と思わせてくれる空間でした。
(30代女性M.Kさんの体験談より)

旅行した場所旅行した月日
ジョフリーレイク2011年7月19日

Special Links

PAGE TOP