初級編 ビクトリア&バンクーバー島

穏やかな港とダウンタウンを眺めながら歩く、優雅なお散歩コース インナー・ハーバー Inner Harbour

水際に遊歩道が伸びるインナー・ハーバー中心部。正面が州議事堂

トレイルの難易度

初級(4/16)

勾配/傾斜
(1)
コース状況
(1)
歩行時間
(1)
標高差
(1)

難易度の目安について

トレイルの特徴

ブリティッシュ・コロンビア州の州都ビクトリアは、穏やかなインナー・ハーバーをぐるりと囲むように、ダウンタウンが広がります。この港の水際にそって歩くのがこのコース。クルーザーなどが行き来する爽やかな港の様子と合わせ、州議事堂やエンプレス・ホテルなど、街のシンボル的な風景もたっぷりと堪能できます。全行程舗装がされており、週末には露店の並ぶ遊歩道も。観光気分で気軽に散策を。

インナー・ハーバーへのアクセス

インナー・ハーバーへは、ダウンタウンにあるほとんどの主要ホテルから歩いてアクセスできます。今回スタート地点としたソンギーズへも歩いていくことはできますが、おすすめはダウンタウンからのハーバー・フェリーの利用。エンプレス・ホテル前など数カ所にフェリー・ドックがあり、ここからのんびり港を渡って出発点までアクセスできます。

ワンポイントガイド

1日のうち、どの時間帯に歩いても楽しめますが、光がキレイなのはどちらかというと午後。特に、夕日が斜めから街を照らす頃から州議事堂のライトアップが始まる時間帯はおすすめです。

インナー・ハーバーの観光情報はこちら

ウォーキング・ルート

  • 歩行距離:全長3.5km
  • 所要時間:1時間弱
  • 最高地点の標高:10m以下
  • 標高差:ほぼなし
  • シーズン:通年

ルートガイド

スタート地点はインナー・ハーバーの北側、ソンギーズ A 。ハーバー・フェリーを降りると、水際に遊歩道が伸びているので、さっそくウォーキングをスタート。港ごしにダウンタウンの全景を眺めながら歩きます。

800mほどでジョンソン・ストリート・ブリッジ B を渡り、いよいよダウンタウンへ。橋の上から眺める港の風景も見事です。

橋を渡ったらすぐワーフ・ストリートを右に曲がります。この一本左側を並行して走るガバメント・ストリートを中心に、イエイツ・ストリート、バスチョン・スクエアなど華やかなショッピング・ストリートが交差し、もっとも賑やかなエリアとなり、思わず寄り道したくなってしまいますが、買い物はとりあえず後回しに。ひたすら海沿いの道を進みましょう。

700mほど進み、右側にビクトリア観光局のインフォメーション・センター C があります。ここから階段を下りて水際の遊歩道へ。ヨットハーバー越しの州議事堂を正面に眺めながら歩けるここは、ビクトリアでも最も人気のあるウォーキングゾーンです。夏の週末にはアーティストの作品を売る露店やギフトショップなどもならび、また春から秋にかけては花があふれるハンギング・バスケットも飾られとても華やか。夕方、州議事堂のライトアップを眺めるのにもこのあたりがベストスポットです。露店を冷やかしながらのんびりと進みます。

遊歩道を州議事堂 D まで歩いたら、再び上の道路(ベルビル・ストリート)へ。振り返ると州議事堂をはじめ、ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館、そしてエンプレス・ホテルと、ビクトリアを象徴する3つの建物が眺められます。

そのまま港沿いに進むと、すぐにローレル・ポイント・パークに入ります。インナー・ハーバーに突き出した先端部 E を回りこみ、700mほど進むと、カラフルなフローティングハウスが並ぶフィッシャーマンズ・ワーフ Fへ。ここがウォーキングの終点。賑やかなウッドデッキには、フィッシュ・アンド・チップスで有名な「バーブズ」などの売店も並んでいるので、海の上のボードウォークでちょっと休憩を兼ねて腹ごしらえするのもおすすめです。

map

PAGE TOP