初級編 カナディアン・ロッキー周辺

カナディアン・ロッキー最高峰マウント・ロブソンの麓をめぐる キニー・レイク Kinney Lake

ロブソン州立公園の看板、後ろに見えるのがマウント・ロブソン(Photo:秋山裕司)

トレイルの難易度

初級(5/16)

勾配/傾斜
(1)
コース状況
(1)
歩行時間
(2)
標高差
(1)

難易度の目安について

トレイルの特徴

マウント・ロブソン(3954m)の麓にあるマウント・ロブソン州立公園内のこのトレイルは、ロブソン・リバーに沿って整備されており、真夏でも涼しいハイキングを楽しむことができます。また、カナディアン・ロッキーでは珍しいレッド・シダーやツガの巨木の森の中を歩くことができ、川から舞い上がる清流の飛沫と巨木の森にあふれるマイナスイオンが相まって、癒しの空間を提供してくれます。ゴール地点であるキニー・レイクは氷河湖特有のターコイズ・ブルー(トルコ石)の色が素晴らしく、湖の北岸にはキャンプ場に併設されたキッチンシェルターがあるので、絶景を見ながらのランチをすることもできます。

トレイルへのアクセス

車でのアクセスが必要。最寄りの町ジャスパーから国道16号線を西に約1時間でマウント・ロブソン州立公園のインフォメーションセンターに到着。インフォメーションセンターの横に小道があるので、そこをさらに5分ほど進むと、ピクニックシェルター併設の駐車場があります。ハイキング・トレイルはロブソン・リバーを渡った先にある情報板横からスタート。

ワンポイントガイド

キニー・レイクまでは高度差は100mほどしかなく、トレイルの幅も広く整備も行き届いているので、初心者向きのトレイルです。キニー・レイクの先もバックパッキングのコースとして整備されていますので、テントやクッキングギアの装備があり、体力に自信がある人はその先にあるバーグ・レイクを目指すのもおすすめです。日帰りハイキングでは見ることができない、懸垂氷河(急峻な斜面についた氷河)が美しいマウント・ロブソンの北面を見ることができます。

ハイキング・トレイル

  • 歩行距離:往復13.6km
  • 所要時間:4時間
  • 最高地点の標高:985m
  • 標高差:130m
  • シーズン:6月初旬~10月中旬
  • ホームページはこちら

ルートガイド

駐車場からロブソン・リバーに架かる橋を渡ると情報板があり、トレイルはその横からスタートします A(ここには募金箱が設置してあり、集まったお金は付近のトレイルを整備するために使用されています)。

スタートから約1km、平坦で幅広い道を進むと一旦視界が開けます。ここは古い土砂崩れ跡で太陽光を遮る木々がないので、短い距離ですが6月中旬から7月終わりまでの間、数々の高山植物を観察することができます。特に赤いオダマキは他ではあまり見ることができないので一見の価値があります。その後、トレイルは森の中に続いていきます。西から来る雨雲がカナディアン・ロッキー最高峰であるマウント・ロブソンにぶつかり周辺に雨をもたらす為、周辺の森林は潤いを保っています。その結果、足元には苔、地衣類などが敷き詰めた絨毯のように育ち、目線を上げればカナディアン・ロッキーでは見ることが稀なレッド・シダーや、ツガの巨木が悠々とそびえ立ち、美しい緑の森林の中のハイキングを楽しむことができます。

木々の間から時折姿を見せるマウント・ロブソンの勇姿を眺めながら、徐々にトレイルを進むとやがてロブソン・リバーに架かる大きな橋 B が現れます。ここまで来るとキニー・レイクはすぐそこです。橋を渡り、十字路を左に行くと湖畔にでることができます。湖畔には数は少ないですがピクニック・テーブルが並んでいるので、休憩に最適です。ここまでは1.5~2時間ほどで来ることができるので、時間に余裕があれば、湖の北岸にあるキャンプサイトを目指してみましょう。

湖畔に沿ってトレイルを歩くと、50mほど標高を上げるためにスイッチバックがあり、そこを登ります。ここからは湖を高巻くかたちとなります。途中一ヵ所分岐があるので寄り道すると、キニー・レイクを上から見下ろすことができる展望台に出ることができます。キャンプサイトへは、分岐をそのまま直進します。高巻きが終わり反対側の岸におりてから、湖畔を進むとまもなくキャンプサイト C に到着です。湖畔の道は通常乾燥しているのですが、大雨のあとや雪解け水の多い6月中旬の時期は、渡渉が難しいほど増水することがあるので、注意が必要です。キャンプサイトにはキッチンシェルターが併設されているので、ランチなどに使用すると良いでしょう。復路は来た道を戻ります。

ちなみに、キニー・レイクまでのデイ・ハイクも大変素晴らしいものですが、テント泊をするバックパッキングの経験者であれば、是非3~4日の行程でさらにマウント・ロブソンの深部へのバックパッキングに挑戦して下さい。上述のキャンプサイトからさらにトレイルが続いており、距離約15km、標高差1000mで、大きな氷河を抱くマウント・ロブソン北面を見ることができます。バックパッキング初心者、体力に自信がない方でも、ガイド会社を使用することにより、安全、快適に楽しむことができるので、ガイドの利用も一考の価値ありです。

map

キニー・レイク Elevation Map

[ 距離及び標高差について ]

PAGE TOP