中級編 ウィスラー

ターコイズブルーの湖、その奥に流れ出す氷河。完璧な美しさに感動!ガリバルディ・レイク Garibaldi Lake

キャンプサイト近くの湖畔から眺めるガリバルディ・レイク

トレイルの難易度

中級(12/16)

勾配/傾斜
(2)
コース状況
(2)
歩行時間
(4)
標高差
(4)

難易度の目安について

トレイルの特徴

ウィスラーの東一帯に広がるガリバルディ州立公園。その氷河を抱いた山々の麓から美しい氷河湖を目指すルートです。目的地点のガリバルディ・レイクのターコイズブルー、その対岸に流れ出す氷河のグレーシャー・ブルー、そして空のコバルトブルー。鮮やかな青色が織りなす風景の美しさには思わず歓声が上がるはず。長い坂道を登ってきた疲れも一気に吹き飛びます。

トレイルへのアクセス

ウィスラーから99号線(Sea to sky highway)を南へ25km(30分)。ガリバルディ州立公園入り口の道路を左折し、道なりに2.7km進みラブル・クリーク駐車場へ。バンクーバーのライオンズゲート・ブリッジから99号線のガリバルディ州立公園入り口までは、94km。

ワンポイントガイド

ガリバルディ・レイクのトレイルは、ウィスラーの近くに広がるガリバルディ州立公園の中でもその美しさで大人気。特に7~8月は多くのハイカーでかなり混み合うことも。人の少ない時期に楽しむなら9月~10月上旬がおすすめです。

ハイキング・トレイル

  • 歩行距離:往復18km
  • 所要時間:7~8時間
  • 最高地点の標高:1470m
  • 標高差:860m
  • シーズン:7~10月
  • ホームページはこちら

ルートガイド

トレイルは、ラブル・クリークの駐車場に建つ入り口の看板からスタート。初めの6kmは長く続くゆるやかな上り坂。モミやスギなどが茂るうっそうとした森の中、快適なペースで登っていくことができます。楽しみは、トレイルの西側、木々の間から時折のぞくタンタラス山脈の美しい風景。

6kmを示すサインを過ぎるとテイラー・メドウズへの分岐点があります。ベンチや一帯のトレイルマップもあるので確認を兼ねて一休み。ここを右、ガリバルディ・レイク方面に進むとすぐ右側にバリアと呼ばれる大規模な土砂崩れ跡が見えてきます。バリア・レイクのほとりを歩き、さらにレッサー・ガリバルディ・レイクを右側に見ながら登り続けます。

比較的緩やかな道を上り続けると、やがて川音が大きくなり、目的地のガリバルディ・レイクが見えてきます。絵具を溶かしたような鮮やかなブルーの湖面に思わず目が奪われます。橋を渡って湖に沿って進むと、湖畔のキャンプ場に到着。ここがゴール地点です。湖の対岸に流れ出すのは、巨大なスフィンクス氷河。息をのむ迫力です。

帰路は、そのまま来た道を引き返してもOKですが、余力がある人は、さらにブラック・タスク・メドウズ(標高1675m)まで上り、テイラー・メドウズのキャンプ場を経由して戻ってくるのもおすすめです(この場合、総距離は19km)。

map

Elevation Map

[ 距離及び標高差について ]

PAGE TOP