中級編 ビクトリア&バンクーバー島周辺

荒波が削った海岸線と緑豊かなレインフォレスト ホワン・デ・フーカ・マリーン・トレイル Juan de Fuca Marine Trail (Sombrio Beach → Parkinson Creek)

ソンブリオ川が注ぐ海岸線

トレイルの難易度

中級(11/16)

勾配/傾斜
(3)
コース状況
(3)
歩行時間
(3)
標高差
(2)

難易度の目安について

トレイルの特徴

ホワン・デ・フーカ州立公園内にあり、外洋の荒波に削りとられた複雑な起伏が続く海沿いのトレイル。このため、場所により海岸に降りたり、高台に登ったりとアップダウンが多いのが特徴です。雨が続くと足元がぬかるむ場所も多く、また海岸の石には滑りやすいものもあるので、しっかりとしたハイキングシューズが必要です。年間を通して歩くことはできますが、比較的気候が安定している4~9月がおすすめ。州都ビクトリアからわずか2時間弱の距離とは思えない、荒々しい自然を満喫できます。

トレイルへのアクセス

下記の期間はビクトリアから1日1往復するシャトルバスが利用できます。

5/1~6/14、9/16~30:奇数日に運行
6/15~9/15:毎日運行

West Coast Trail Express


行きはビクトリアのダウンタウンにあるバス停からSombrio Beach Terminalまで。帰りはParkinson Creek Terminalからビクトリアへ戻れます。
それ以外の季節は車が必要。ビクトリアの市街からハイウェイ14号線をPort Renfrew方面へ。Sombrio Beachのトレイル起点まで約1時間45分。

ワンポイントガイド

バンクーバー島の西海岸、温帯雨林を巡る大自然ルートとして世界的に有名なWest Coast Trailの延長線上にあるのが、このトレイル。入場者数制限があり事前予約が必要なWest Coast Trailとは異なり、こちらは予約は不要。それでいて同じようなダイナミックなウォーキングが楽しめるのが魅力です。全長47km、累計標高差2400mと歩きごたえたっぷり。一般的には3~4日間かけて踏破するバックパッキングルートです。トレイルの起点は全部で4つ設けられているので、ビクトリアからの日帰りでも、その一部だけを歩くことができます。ここでは中級者向けとして、Sombrio BeachからParkinson Creekまでの8kmを紹介します。

鈴木みきさんのハイキング・エッセイはこちら

ハイキング・トレイル

  • 歩行距離:片道8km
  • 所要時間:5時間
  • 最高地点の標高:120m
  • 標高差:累計で約350m
  • シーズン:通年可能
  • ホームページはこちら

ルートガイド

駐車場でトイレを済ませたらいざ出発! 途中の分岐を右へ進み、まずは海岸まで降ります。 A

海へと注ぐソンブリオ川のつり橋を渡ると、森の中はキャンプ場。キャンプだけを楽しみに来ている人もいるようです。ここからしばらく磯辺を歩きますが、高潮の際にはトレイルが海水に沈み歩けなくなるので、出発前にTide Tableを調べてからでかけましょう。
この辺りは砂浜ではなく石浜で、足元が悪いうえに石によっては滑りやすいので十分注意を。石をひっくり返すと小さなカニがたくさん隠れています。磯辺を歩いているうちに行き詰ったら、右側に立ち並ぶ木の枝にオレンジ色の浮球がないか探してください。この浮球はトレイルが磯辺から高台に入る地点の目印。森の中へと続くトレイルが見つかるはずです。 B

出発してから30分ほどで、急斜面の上に浮球がぶら下がり、そこからロープが張られている場所に着きます。ロープを頼りに高台へと登りましょう。 C

磯辺を離れると、その後は細かなアップダウンが多くなります。歩き始めてから1時間半ほどで、ミニッツ・クリーク(Minute Creek)のつり橋へ。橋の奥には小さな滝が見えます。トレイルは一貫して登っては降り、また登るのくり返し。たまに入り江に打ちつける波が反響して、クジラの鳴き声のように聞こえることも。その度に海に目を凝らしますが、クジラはいない・・・。でも実際に、この周辺はシャチやグレイホエールの生息地。視界のよい日には、その姿を見るチャンスがあるかも!
そして、ノースウエストコースト特有のレインフォレストと呼ばれる緑あざやかな深い森の中へと、トレイルは続きます。ときおり周囲が明るくなったなと思うと、視界が開け、その先には海が見えます。苔むした階段や丸太を渡しただけの通路なども通過。途中ですれ違うハイカーのほとんどは、大きなバックパックを背負っていて重いはずなのに、なぜだかみんな笑顔が明るくさわやか。きっと、この海と森とが織りなす豊かな風景が、ココロを穏やかにしてくれるのでしょう。 D

地図上では8kmの行程ですが、起伏が激しく曲がりくねったトレイルなので、それ以上にも感じられるかもしれません。ほどよい疲労感に包まれる頃、パーキンソン・クリークの駐車場に到着します。 E

※West Coast Trail Expressのシャトルバスを利用する場合には、ここからさらに1.5km(約40分)ほど歩き、14号線まで出なければならないので、バスの時間に遅れないよう気をつけましょう。なお、バスが止まるのは14号線との分岐点(下のマップ参照)ですが、バス停らしき目印は一切ありません。この付近に立って待ち、バスが来たら手をあげると止まってくれます。

※レンタカーを利用して訪れる場合は、元の駐車場に戻る必要があります。同じルートを往復するか、平坦な国道14号線に出てここを戻るか(約7km)、あるいはどちらかの駐車場を起点にしてルートの1/2地点で折り返すといった方法があります。体力と相談して無理のないルートを選んでください。

map

PAGE TOP